電子工作、ソフトウェアなど

NEXUS5はなぜいいのか?今だからこそ選ぶスマホ

  • HOME »
  • レビュー »
  • NEXUS5はなぜいいのか?今だからこそ選ぶスマホ

NEXUS5

 

今までもNEXUSシリーズと呼ばれるスマホは何台もも発売されてきています。

ですが、NEXUS5が今だからこそ選ばれる理由というのがあると思います。

 

1、ハードウェアとソフトウェアの関係

スマートフォンの歴史はパソコンの歴史を追いかけているような進化を続けてきました。

スマートフォンのハードウェア的な部分はパソコンにならう形だったので非常に速いスピードで進化してきました。

シングルコアからデュアルコア、そしてクアッドコアへと進化していきましたが

ソフトウェアのスレッド数が大幅に増えないことや半導体の面積の関係でクアッドコアが現状でバランスの良い状態になっています。

確かにハードウェアは年々進化していますので、進化が終わったわけではありませんが

ここからはゆっくりとした進化になることは間違いないことでしょう。

半導体のプロセス進化が28nmあたりからハードルが急に上がり始めています。

今までは半導体の製造コストが少々あがったとしても、その分、一枚のウェハーよりたくさんのチップが作れるので

採算はかわらないか安くなるぐらいでした。

ところが、ここのところ製造コストは急上昇しており、22nm~14nmではかなり高価になりそうです。

そのため、ハイエンドスマートフォンは進化していきますが、ローエンドからミドルエンドでは引き続き28nmが使われそうなので

劇的な速度向上は見込めないようです。

そこで、Android4.4ではそういったスマホでも動くように512MBのメモリーと低速CPUでも快適に動くように軽量化が図られました。

確かに動作が根本的に違うことがわかりますし、NEXUS7の初代でもかなりの800MBぐらいメモリーをつかていたのが500MBぐらいになっていることが確認できます。

NEXUS5の2GBで足りなくなることは少し想像できない状況です。

 

傾向としてはハードウェアは大幅な進化が難しい状況の中で十分な性能に達していて

ソフトウェア側に比重が移っていることは明確で、軽量に高機能にしていくという方向性は間違いないと思います。

そうした場合にメーカーのスマートフォンはOSをアップデートする気が殆ど無いというのが現状です。

ソフトウェアが新しくならないとスマートフォンはすぐに陳腐化してしまいます。

 

そこでNEXUS5であれば最新のOSが提供されることもあり、長く戦えるということになります。

18ヶ月の更新というと2年は最新のOSであることを考えるとスマホの寿命から考えても十分ではないかと思われます。

 

2、スペックと値段

いくら最新のOSが提供されてもスペックが低くては意味がありませんが

シングルスレッド性能の高いSnapdragon800系のクアッドコア

2GBメモリー、世界初の光学手ブレ補正カメラ

フルHDの液晶など他のスマートフォンにも引けをとらない高性能さで操作してみれば圧倒的な快適性がわかります。

 

しかも、32GBのモデルでも44800円、16GBモデルで39800円とSIMフリーの携帯としても破格であれば

高性能スマートフォンが10万近くすることを考えると破格であることは間違いありません。

 

 

3、SIMフリーであるということ

このことは重要ですが、NEXUS5はSIMフリーなのでOCN、BIGLOBE、IIJなどのプランを使う人が多いのではないでしょうか?

こういったSImカードは縛りもないため、交換ができることもメリットです。

このMVNOは今、熾烈な競争を繰り広げているので新しいプランが登場することもあります。

そういったときにキャリアに縛られないのもSIMふりーのいいところです。

安いものなら月額980円でデータ通信が使い放題ですし、2GBでも2ooo円を切ることから

使い方が変わるたびに切換えることも夢ではありません。

 

 

ハードウェアのスペックばかりに気を取られずにソフトウェアの最新動向と

進化の方向性を見据えてスマホを買う時代がきたようです。