エンジニアリズム (cumeles.comのブログ)

知らなきゃ損をする便利情報や業界裏話や技術的視点での紹介解説をするサイト

*

Galaxy Note7で話題のリチウムイオン電池について

   

ca283b178a82b901c088be8a7b8da9773812efb2

Galaxy note7の発火事件で改めて危険性が注目されているリチウムイオン電池ですが

そもそも、Samsung製のバッテリーが問題とのことで、中国製のほうは問題ないという

自分の会社の製品のほうが中国製より悪いことを実証してしまったようです。

 

そもそも、最初の対応がおかしく、火災などの報告があるにも関わらずリコールせずに個別交換のみで被害を拡大し

リコールが確定したあとに暫定対策のファームウェアが60%までの充電量に抑えるというリチウムイオンの構造を理解していないのではないか?という対応でした。

 

リチウムイオンはスマホのサイズでも10Wh近いパワーを蓄えることも危ない理由ですが、リチウムという元素自体が空気に触れるだけで燃えるぐらい危険な金属ということです。

よくある火災事案は電極同士を仕切って絶縁しているセパレータというものが破損することでプラス極とマイナス極がショートして燃えるというものです。

ですが、分解したりした場合には空気に触れて火災が発生し、加熱することで酸素が発生するので次から次へと熱暴走を起こし燃えるということです。

なので、バッテリーセル自体に不具合がある場合には充電量に関わりなく燃えるので、即リコールして回収が正しいです。

身につけている事自体が危険ということです。

バッテリーの充電量で危険度が変わるということはバッテリーセルを保護している回路か、本体に内蔵している充電回路などの不具合ならば、そういったもので危険度を減らすことができると思われます。

images

05

一部のニュースではリコール交換した製品も燃えたということなので、やはりバッテリーではなく回路など他の部分に不具合があるのを

原因究明せずにとりあえず交換で済ませていると思われます。そもそもバッテリーをサムスンではなく中国製を使うという安易な方法と

ソニーなどがバッテリー回収するときには最初に原因を発表してリコールし、その後に根本原因と再発防止策の発表しています。

未だに原因を発表していないところから、わかっていないと推測しています。

 

海外メーカーは原因究明せずに交換で終わらせることが多いですが、確かに原因究明にお金をかけなければ目先の利益としてはいいですが、

結局は品質向上もできなければ信頼度もどんどん下がっていく悪循環なんですよね。

最終的には色々と問題があったエレベータみたいに撤退になるんですけどね・・・・

 

リチウムイオンは相当やばい電池なので、いくら性能が良くても安易に使わないでほしいですけどね。

 

 - お役立ち情報、技術解説など(パソコン、電子工作など), 端末、通信関係の役立つ情報(モバイル、スマートフォン)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

  関連記事

no image
ニコン、ミラーレス一眼発表

ニコンがミラーレス一眼を発表しました。 これは予想を上回る性能ですね。 撮像素子 …

no image
au ARROWS Zのソフト更新

やはり、ソフトに問題があったようですね。 せっかくの全部入りハードなのにソフトに …

理系が就職を有利にするために知っておく仕事の内容(3)

今までの話でエンジニアの仕事内容を紹介してきました。 就職を有利にするための基本 …

no image
新型NEXUS7フライング販売

もう、アメリカのAmazonではNEXUS7のフライング販売始まっているんですね …

no image
thunderboltインターフェースがWindowsでも

サンダーボルトというインターフェースが、普及する可能性が出てきました。 これはM …

Windows7からWindows10へアップグレードする。

Windows10もメジャーアップデートされて日本語版Cortanaも使えるよう …

no image
PCゲームのSIMCITY2013がすごいらしいです。

PCゲームのSIMCITY2013がすごいらしいんですよね。 グラフィックも3D …

ASUS U24Eシリーズ

新しくノートパソコンを購入しました。 ノートパソコンは今はいろいろな物が出ており …

台風19号はなかなかパワーがありました。

台風19号はなかなかのパワーで午前3時ぐらいが、もっとも強かったみたいです。 N …

no image
AMD、TDP 45WのA10-6700Tを日本でのみ発売

日本ではやはり消費電力に関心が多かったり、静音に関心が高いってことなんですかね。 …